借り換えローンをシュミレーション

借り換えローンは、主に消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者の個人向けカードローンを利用している人を対象としており、返済総額を少なくする事を目的とした商品です。
様々な金融業者が取り扱っていますが、貸金業者系と銀行系に分類する事が出来ます。

貸金業者系の借り換えローンは、個人向けカードローンとほぼ同じ金利が設定されています。これは、元本が大きくなるほど金利が低くなる利息制限法の仕組みを利用した内容であり、少額ずつの借り入れを複数の業者から行っている時のみ有効です。

利息制限法は、元本が10万円未満の場合の上限金利は年20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上年15%に決められています。

貸金業者の個人向けカードローンの金利は、この範囲内で設定されているので、5万円ずつの借り入れを20社から行っている場合と1社から100万円の借り入れがある場合は、同じ金額であっても金利は異なっています。

このために、一本化する事により金利は低くなるので、返済総額は少なくなります。ただし、元の金利に差がないために、場合によっては返済の負担を軽く出来ないケースもあります。このために、借り換えローンを申込む前には、シュミレーションにより確認しておく必要があります。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 借り換え低金利キャッシングにのりかえる

    自由な目的で利用できる個人向けキャッシングは、様々な業者が提供している人気の商品です。 商品ごとに内容は異なっており、審査時間や金利、融資枠等は多様です。この中でスピードにおいて優れているのは、何といっても消費者金融の商品です...


  • 借り換えで一本化

    借り換えは、金利が高い商品から低い商品に交換する事であり、返済の負担を少なくする事が目的です。金利の差が大きいほど有効であり、消費者金融等の貸金業者の個人向けカードローンを利用している場合は、特におすすめの内容です。 消費者金...


  • 借り換えするタイミング

    返済の負担を軽くするために行う借り換えは、貸金業者の個人向けカードローンを少額づつ複数の業者から利用している人にとっては、有利な状況に変化させる事が出来ます。 金利が低くなるので、加算される利息が少なくなるからであり、返済総額をか...


  • 銀行借り換えローンがおすすめ

    消費者金融や銀行等の様々な業者が取り扱っている借り換えローンは、複数の借り入れがある人を対象としています。返済の負担を軽くする事が目的で、特に貸金業者の個人向けカードローンを一本化するために利用するための商品です。 この中でも...


  • 借り換えローンをシュミレーション

    借り換えローンは、主に消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者の個人向けカードローンを利用している人を対象としており、返済総額を少なくする事を目的とした商品です。 様々な金融業者が取り扱っていますが、貸金業者系と銀行系に分類す...


  • 借り換え時に手数料がかかる?

    借り換えは、有利な条件を提示している商品から借り入れを行い、現在利用しているローンを一括で返済するという仕組みです。総返済額を減らす事を目的としおり、主に消費者金融等の貸金業者が提供している個人向けカードローンの利用者を対象としてい...


  • 借り換えで本当に金利の負担が下がるの!?

    借り換えローンは、主に貸金業者の個人向けカードローンを利用している人を対象としており、金利の負担を下げる事で返済額を減らすという内容です。 個人向けカードローン同様に、多くの金融業者が多様な内容の商品を提供しています。 貸金...


  • 借り換えの審査内容って?

    借り換えは、金利が低い商品と交換する事により、返済の負担を減らすために行います。 借り入れ総額を変えずに返済額だけを少なくする事が出来るのがメリットであり、自己破産や任意整理等の債務整理とは大きく異なる内容です。 自己破...


  • 借り換えるメリット

    消費者金融を中心として多数の金融業者が提供している個人向けカードローンは、担保や保証人は不要で審査時間が短い事が特徴の商品です。 このために手間をかけずに短時間でお金を借りる事が出来るので、急いでいる時には非常に便利な内容です。 ...


  • 借り換えとは一体なに?

    ローン商品を選ぶ際には、「金利」は非常に重要なポイントです。 0.1%でも低い商品を利用する事により、返済総額を少なくする事が出来るからです。しかし、現在では多様な金融機関が様々な商品を提供しているので、全てを網羅する事は非常に困...