低金利カードローン、キャッシングに乗り換える

借り換えとは、有利な条件が提示されている借り入れに乗り換えする事で、返済額を減らす事を目的としています。

現在では、東京スター銀行おまとめローンの様に、借り換えを目的とした商品も用意されています。金利が低くなる事で加算される利息が少なくなるので、返済額を減らす事につながってきます。

ローンを借り換えるにあたって、低金利キャッシングへののりかえはまず金利負担や毎月の返済額がどのように変わるかシミュレーションをしてみることをおすすめします。

いろいろな金融機関で計算のできるページを公開しているので試してみてはいかがでしょうか?

借り換えの時の注意点として、借り換えるときは新たに審査が必要となりますので、所得証明書など必要な書類をそろえておきましょう。

また返済期間を長くして月々の返済額少なくすると、総額としては返済額が増えることもありますので、総合的に借り換えでメリットがあるかどうか判断しましょう。


 
 
 


低金利でおすすめのカードローンはこちら!!


借り換え審査比較ランキング


借り換えをするメリット

 借り入れ額の総返済額を減らすことができる!!

借り入れ金を利用していると重くのしかかってくるのが、『利息の支払い』です。毎月毎月支払わないといけない利息ですが、その利息を少しでも減らすことができたらいいですよね?
そこでおすすめなのが、「借り換えローン」です。
借り換えローンを利用するとなぜ金利の負担が下がるのかと言いますと、借入金額に比例して金利が低く設定されているからです。例えば、10万円借り入れしている時よりも100万円借り入れしている時の方が金利が低く設定されています。なので、借り換えローンでカードローンをひとつにおまとめし、大きなお金を借り入れる方がすごくお得に利用することができますよ。
借り換えローンを利用し、現在利用しているカードローンよりも金利の低いカードローンに借り換えることで毎月の利息の負担を下げることができ、結果的に総返済額を減らすことに繋がるのです。
毎月の返済が苦しい方は一度借り換えローンを考えてみてください。


 おまとめすることで返済計画がたてやすい!!

複数の金融業者から借り入れがある方は、毎月の返済が精神的にも負担になってきますよね…。 ひとつにまとめることで、返済計画がたてやすくなりますし、返済日が毎月1回になりますので、払い忘れた…という心配もなくなりますよ。 借り入れ金の返済残高も把握することができ、返済計画がグンッとたてやすくなりますよ。返済計画がたてやすくなることにより、借り入れ金の完済が現実的になりますよ。


 おまとめすることで信用度がUP!する!!

複数ある借り入れ金をひとつにまとめることで信用度がUPします。少額ずつを複数の金融業者から利用しているよりも、1社の金融業者から借り入れしている方が信用情報が良化するのです。
それだけの金額を利用できる返済能力があると判断されますので、これから先の生活にも良い影響が及ぼされるでしょう。



借り換えは銀行カードローンがおすすめ

消費者金融が提供しているカードローンは便利で利用している方も増加しています。しかし、消費者金融が提供しているカードローンは、銀行が提供しているカードローンよりも金利がやや高い目に設定されています。最近では、金利の低い消費者金融カードローンもでてきていますが、銀行カードローンではさらに低金利です。
また、融資限度額も高いので、おまとめにも適しています。
借り換えを行う際は銀行カードローンがおすすめですよ。
当サイトで紹介している三菱東京UFJ銀行カードローンや東京スター銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローンが提供している借り換えローンも低金利&高限度額が魅力的です。
状況に左右される心配もなく負担を減らすことができますので、多くの方が利用しています。審査時間も銀行カードローンの中でも非常にスピーディーで、利便性においても優れた内容になっています。


気になる借り換えローンの審査内容は?

 勤続年数!!

カードローンの審査の内容で重要視される点が、勤続年数です。 勤続年数の最低のラインとして、3ヶ月未満、半年未満は利用不可と設定している金融業者が多く、他の条件をすべてクリアしているにもかかわらず、勤続年数が短い方は利用することが厳しくなっています。勤続年数が半年未満と言うだけで審査に落とされてしまうというケースも多いのです。
勤続年数が1年以上~5年未満の場合での審査の評判は普通になるので、勤続年数が短い方は最低でも1年くらい待ってから申し込みすることをおすすめします。そのほうが審査に通りやすくなりますよ。


 他社の借り入れ件数(金額)!!

借り換えローンの審査内容は、基本的には個人向けカードローンと同様であり、信用情報機関に記録されているクレジットヒストリーの調査が中心です。これまでのカードローンの利用履歴と他社借り入れ残高により合否が決定されます。




前の記事